MENU

相対的にみると割高だが、1巻ごとで比較すると普通の価格

スピードラーニングは4年間で48巻をこなすという非常に長丁場の教材だ。

 

しかも48巻フルセットで20万円程度かかる。

 

20万円程度と書いたのはセットで一気に購入するのと、毎月月次で受講するのとでは金額が違うからだ。

 

1回目が9400円で2回目以降が4300円なので各自掛け算をしてみてくれ。

 

これを他の教材と比較してみると圧倒的に高い。

 

英語教材は

 

 

14800円
19800円
29800円

 

この価格帯が多い。

 

 

少し高いもので、5万円程度だがスピードラーニングは初級16巻だけでも5万円程度かかる。

 

 

どうみても割高なのだが、これをCD一巻で比較してみるとそう高くないことが分かる。

 

 

スピードラーニングが高い原因は巻数が多いからだ。

 

CDは収録できるトラック数が決まっているので、短いものを多数収録するとCDが多くなるが、長いものを少ないトラックで収録するとCDの枚数は少なくなる。

 

 

こういう特性があるわけなので、巻数ですべてが比較できるわけではないがある程度の比較材料にはなるだろう。

 

 

オレたちは何か買い物をする時に、もちろん品質に一番こだわるだろうがが、やはりその金額にもこだわる。

 

最近オレはテレビのコマーシャルでスピードラーニングをよく見る。

 

 

そのコマーシャルもこれから英会話を学習したい人間が見たら欲しくなるだろう。

 

 

一度英会話に挫折している人間がみたら、今再び英語を学習したいと言う気持ちが湧き上がってくるだろう。

 

 

何かを学習したいという気持ちは大人になってからのほうが強くなるだろうから、あまり購入金額には問題がないのかもしれないが、損をしたくないという気持ちは万国共通のはずだ。

 

 

学生のころは勉強をする時間もチャンスもたくさんあったのにも関わらずなかなかその気にならなかったのは皮肉なものだが、自分の恵まれた環境があまりよくわかっていなかったというのが一番の原因だ。

 

 

とはいえ思い立ってすぐに買いたい物を購入する自由も余裕もない人は、金額がまず頭をよぎり購入するのにためらってしまうことも多いだろう。

トライアルや返金保障についてだ

スピードラーニングのコマーシャルを見かけると家事をしながらでも、忙しい毎日の中でも時間を作り出して学習することが大切なのではないかと言う気持ちにさせられる。

 

 

実に巧妙なCMだ。

 

 

この私でもスピードラーニングのコマーシャルをみると私もチャレンジしてみたいという気持ちにさせられてしまうから相当なものだと思う。

 

 

一般的には、まずはトライアルなどから初めてじっくりと購入を考えたいと思うのが普通なのだがスピードラーニングは10日間のトライアル機関がもうけられている。

 

10日間試聴して気に入らなければ返せるのだ。

 

たった10日間では効果は実感できないはずなので、気に入るか気に入らないか、英語ができるようになりそうかを自分で予想するしかないのが現状なのだが、英語初心者にたった10日間でこれを選択させるという手口ががもう巧妙すぎる。

 

しかも、無料で視聴できるCD以外にも、開封したらもう返品できない1巻と2巻が同梱されてくるというおまけつきだ。

 

これは罠としか言いようがない。

 

 

返金保障については、現状はついていない。

 

製品を開封した時点でお買い上げだ。