ネイティブ・イングリッシュ

MENU

英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】

 

今回はネイティブ・イングリッシュという英語教材の調査依頼だ

 

 

 

まず目に入ってくるのが、この言葉だ

 

 

英語を勉強したいなら、難しい勉強をしてはいけません。

 

 

 

んーこれだけ見ると分かるような分からないようなキャッチコピーだが

 

 

 

日本人はたくさん英語を勉強していて英語の基礎力は高いのに、英語が話せない理由は、難しい勉強のしすぎだと、

 

 

そう言いたいらしい。

 

 

つまるところは

 

 

英会話に関することだけ勉強して、それ以外のことは捨ててしまいましょうと言うコンセプトの元に作られている英会話教材

 

 

 

ということだ

 

 

 

販売ページで、「あなたはもう少しで英語が話せます」と書いてあるのだが、

 

 

確かにそ通りだ!!

 

 

 

日本人は自分の英語基礎能力をなめないほうがいい

 

意外と英語に関する知識はあるんだ!!

 

 

 

英会話に関係のないことをいくら勉強しても英語は話せるようにならないから、英会話に的を絞った勉強をしましょうと。

 

まあそういうことなのだが

 

 

 

 

・話す事以外切り捨てる

 

・簡単な勉強ほど効率がいい

 

・わすれることを前提に勉強する

 

 

この3つの原則を見ると、相当な初心者向きだと言うことが分かるだろう。

 

詳しくはかけないが、現段階ではそう思ってくれれば十分だ。

 

 

で中身はというと・・・物理的にはDVD3枚とCD1枚のセットになっている。

 

 

 

気になる内容は・・・そうだな・・・

 

 

一言でまとめると

 

 

英語を学習ではなくコミュニケーションの1つと捉えている

 

 

 

そんな感じだ。

 

 

ちょっと感覚的過ぎたか

 

 

まあとにかく、

 

 

あくまでも意思疎通を図れればいい、だから簡単なことだけ知っていればいいということで、徹底的に絞り込んでいると思ってくれ。

 

 

日本人は真面目で、参考書などは1から順に最後まで全て覚えようとするので、そういう意味では、こういう教材を読んでみるのは面白い。

 

 

 

切り捨てるところは切り捨てて、覚えるべきところは覚えると言う取捨選択が出来ない人で

 

英語でコミュニケーションが取れればいいと考えている人は検討してみてくれ!!

 

 

 

以上で匿名調査は終わりだ。