英会話 最速マスター4つのヒント

MENU

英会話 最速マスター4つのヒント

今回の依頼は

 

 

英会話 最速マスター4つのヒントはどんなヒントなのか調査してみて欲しいと言う依頼だ!!

 

 

ヒントと言うぐらいだから、英語学習に役立つヒントを書いているブログか何かが、はてなブックマークのホッテントリにでも入ってキーワードが流行ったのだろう。

 

 

早速調査してみたぞ。

 

 

 

むむ・・・これは・・・

 

 

 

おいおいどうなってるんだこれは

 

 

 

英会話 最速マスター4つのヒントでヒットするサイトが少なすぎるぞ

 

 

 

何だこのマッチしない検索キーワードは

 

 

 

Googleの仕事は、検索したキーワードにどれだけマッチした情報を載せているサイトを検索結果に返すかだろう。

 

これだけ流行っている検索キーワードに対して、ひどすぎる。

 

 

 

頼むからもう少し頑張ってくれ!!!

 

 

 

結局出てきたサイトは、どれも・・・

 

 

 

おっとちょっとまってくれ

 

 

 

ヒントが一応書いてあるが、ひどいヒントばかりだ

 

楽しんでやる・・・・・・外国人の友達を作る・・・・・・いやこの人はこの人できっと何か深い意味があるはずだ

 

 

 

他人のことを批評する探偵など三流行以下だ、忘れてくれ。

 

 

 

 

探偵はあくまでも調査結果を報告するのが仕事なのだが、嫌な予感しかしないキーワードだ。

 

 

 

英会話 最速マスター4つのヒントは、ほとんどのサイトであるパターンのサイトに誘導される

 

 

 

これが今回の調査結果だ。

 

 

 

販売元が絡んでいないことを祈るばかりだ。

 

 

最後に匿名探偵から

 

 

英会話 最速マスター4つのヒント をプレゼントする

その1・・・学問に王道なし

 

これはもう分かっていると思うが、

 

 

 

~をするだけとか、これだけやっとけは英語はできるのようなヒントは嘘っぱちだ

 

 

 

これは10年以上英語の勉強をしてきた自分の経験から断言できる。

 

 

 

あれはただのウリ文句で、「個人差があります」のような言い訳を必ずされる。

 

 

 

 

そう深夜通販番組のダイエットの機器と同じだ!!

 

 

 

 

その深夜通販番組で購入した、聞くだけ英語教材に

 

 

 

3か月たっても全然英語が出来ねーぞ

 

 

と電話をした事がある。

 

 

 

流暢な日本語を話す外国人担当者の答えはこうだった

 

 

 

聞くだけでなくて、英語フレーズを何度も口にしてください・・・・・・

 

 

 

バカヤローーーーーーーーーーーーー

 

 

 

最初から分かっちゃいたが、開き直ってんじゃねえぞーー

 

 

 

過度な期待をした自分も悪いのだが・・・・結局はそんなものだ

 

 

 

その次は書いて覚えろなんて言われそうな勢いだぞ

 

 

 

急がばまわれ

 

 

これが英語習得の最短だ。

 

 

 

聞くだけで英語ができるようになると思ってるやつは第二言語など習得できない。

 

 

オレから教えられる1つめのヒントは

 

 

楽をしようと思うな  だ

その2・・・英語の語彙(フレーズ)を知らないと話ができない

 

英語の語彙(フレーズ)を知らないと話しができない

 

 

結局はこれが全てだ

 

 

英語を話したいなら、自分が話したい英語のフレーズを覚えなかったら

 

 

文字通り話にならない

 

 

 

 

だから、そのフレーズをCDを聞くだけで覚えたいんだよってやつは勝手にやってくれ

 

 

 

世の中には様々な英語教材があるが結局はここをどう覚えるか?

 

つまりは

 

 

記憶するための手法でしのぎを削っているんだ

 

 

 

だから

 

 

ノートに書くだけで覚えられるほどの記憶力を持っているやつに英語教材は必要ない

 

 

オレから教えられる2つ目のヒントは

 

 

 

英語フレーズは心に残るエピソードや画像、動画などと一緒に覚えろ  だ

 

その3・・・毎日やれ 毎日触れろ

 

 

これも一般的すぎてヒントなんて言うのも恥ずかしいレベルのヒントだが、語学はこういう基本的なことをしっかりやるしか無いんだ

 

 

毎日何か英語に触れる

 

 

 

英語を聞く、フレーズを覚える・・・・・なんでもいい

 

 

 

 

自分が強化したいと思っているところは毎日の習慣にしてしまうのが一番だ

 

 

何かを習得するために必要な時間は1万時間とも言われている

 

 

 

一日に何時間英語の勉強をしろなど言うつもりはないが、

 

人間は忘れることを前提に行わなければならないことを考えると

 

 

 

 

反復練習が必須だ

 

 

 

スポーツ、筋トレと全く変わらない。

 

 

 

日本語だってそうやって覚えてきたんだろ?

 

 

 

オレから伝えられる3つ目のヒントは

 

 

 

毎日英語を学習することを習慣にしろ  だ

 

 

継続は力なり  は間違っていないが、英語学習の場合、モチベーションが下がってしまって2か月おやすみしてしまっても、また始めさえすれば最初からではない。
語学は積み重ねができているので、1か月さぼったら最初からになる筋トレよりはましだ。

 

 

その4・・・完璧な英語の言い回しや完璧な発音を求めるな

 

日本人は何事も完璧を求める人が多い。

 

 

オレもかつてはそうだった。

 

 

それはいいことだと思うのだが

 

 

 

英語の場合はその考えを捨ててくれ

 

 

 

オレがこの10年ほど英語を勉強してみて痛いほど分かったことは

 

 

 

英語は相手との意思疎通を図るための道具に過ぎない

 

 

ということだ。

 

 

 

ハッキリ言って、大人になってから英語の発音矯正に励んでも、

 

 

 

それなりにしか矯正はできない。

 

 

 

必ずと言っていいほど、日本語訛りが交じるのだ

 

 

 

かつて、韓国の航空機を爆破した実行犯が言っていた言葉ある。

 

 

どれだけ日本語を勉強して発音矯正をしても、ネイティブの日本人になりすますのは不可能だ

 

 

おれはここにヒントが有ると思っている。

 

 

 

 

日本で活躍している外国人タレントをよーく観察してみてほしい

 

どれだけ流暢に日本語を話していても、日本語ネイティブではないとすぐに見分けがつくはずだ

 

 

 

極稀にモンゴル出身の力士で完璧な人もいることはいるのだが・・・・・・・横綱はすごい・・・・

 

そんな人はごく一部の人間だ。

 

 

 

キミが、音楽以下で耳がとてもいいのなら追求してみてもいいかもしれんが、オレはあまりオススメしない

 

 

 

訛っていても、通ればいいんだ

 

 

 

それとついでに、英語フレーズに関しても言っておこう

 

 

 

英語の言い回しも、発音と同じで

 

 

相手に伝わればそれでいい

 

 

だから難しい言葉など覚える必要はない。

 

 

 

なるべく簡単で、相手に通じる英語を覚えるだけでいい

 

 

実際にNew York Times を読んでみて欲しい。

 

全ての国民が高い英語能力を持っている訳ではないアメリカは、新聞も簡単な単語を並べて書かれている

 

それで伝わればいいわけだ

 

 

 

ちなみに英文法を疎かにしろと言っているわけでは無い

 

 

 

文法はやらなくてもいいと言う人間もいるが、ニュアンスを間違えて伝えないためには多少勉強は必要だ!!

 

オレは失敗しているので経験済みだ。

 

 

 

4つ目のヒントは

 

 

完璧を求めるな だ

 

 

 

ヒントを4つ書いてしまったので、これで終わりにするが、本当は4つじゃ終わらないのだ